名古屋を中心に活動する俳優ユニット

俳優たちが活躍できる環境を作っています。


演劇公演主催/公演制作/俳優の出演依頼受託/セルフレッスンなどのトレーニング環境の構築

 

「関わるみんなを歓喜の一員に!」をスローガンに、

作品を観た方には、ポジティブエネルギーが、
俳優たちには、高め合えるコミュニティが、
関係者には、新たな試みで刺激が、

生まれるグループを目指しています。


舞台公演
基本的で、最も重要な活動。


 歓喜ハザードでは、年間数本の舞台公演を行っています。様々な種類があり、企画によって作風や扱う題材、表現方法が変わるのも特徴。どんなに内容が変わっても共通するたったひとつの大事なことは、喜んでもらえるものを作ること。


 


セルフレッスン
いちばんの講師は、自分だ。


 歓喜ハザードの最重要コンテンツのひとつ。
 レベルアップを図るすべての俳優たちのために企画された、気軽に参加できるトレーニング環境。ビデオカメラで撮影し、その映像を観て、仲間同士でディスカッションする…自分たちで自分たちをレッスンするという構造から、セルフレッスンと呼ばれています。
 内容は参加者から提案される。


 


企画制作委託
困った時にも歓喜ハザード。


 公演の企画・各種制作業務のお手伝いを承ります。
 広報素材のデザインやデータ作成、公演当日の受付・進行業務や公演制作業務など。
 他にも小道具・衣裳などの貸出/製作など。
 料金や詳しい内容については詳細ページをご覧ください。


 



出演 脚本 演出 依頼
確かな実力と豊かな個性。


 歓喜ハザードには、俳優と演出メンバーがいます。彼らの力を借りたい場合、歓喜ハザードは非常に協力的です。
 俳優たちは常に出演の機会を求めていますし、より多くの仲間たちと出会いたいと思っています。
 さらに、劇作家や演出家、他にも演出系スタッフの能力を持ったメンバーもいます。
 お気軽にお問い合わせください。

 



 


coming soon…
更新までしばらくお待ち下さい。


 Coming Soon…


coming soon…
更新までしばらくお待ち下さい。


 Coming Soon…

2013年

● 歓喜ハザード 結成

● 1st Project「危。-ハザード-@七ツ寺共同スタジオ

2014年

2015年

● Project interlude 01 絵本展「栞」@市民ギャラリー矢田
● Project interlude 01 朗読劇「栞」@日映文化ホール

● 2nd Project「徒桜」@G pit

2016年

● 3rd Project「その頁は語らない」@七ツ寺共同スタジオ

2017年

● 4th Project「棒ほど願って針ほど叶う」@ナビロフト

2018年

● Project interlude 02「ハメられた!」@ナビロフト

2019年

● Project Divertimento 01「ら抜きの殺意」@名古屋市青少年交流プラザ ユースクエア プレイルーム


 

このエントリーをはてなブックマークに追加